高機能ケーブルリール

ケーブルはそのままだと絡まりやすく、断線の原因にもなってしまいます。
ケーブルリールを使うことで、いつでもスムーズに計測準備ができ、ケーブルの寿命も伸ばすことができます。

さらに高機能版では、リール側面に接続端子を設けることで、ケーブルを全て出さなくても巻いたままでiphoneと接続させることができます。

例えば、100mのケーブルを使って50m走の計測をする際など、半分はリールに巻いたままで使用できるので非常に便利です。

このリールには3mケーブル(1000円)が付属します。

通常版と高機能版の違い(写真)

ケーブルの端子はリールの根本に固定されています。そのため、仮に30mの距離を計測する際も、ケーブルは全て出さなければいけません。

このため、全部ケーブルを出さなくても自由な長さで使うことができます